スタジオの設計には、
ミキサーやミュージシャンが視覚、聴覚的に
長時間の作業に対応するための環境も必要です。


 
スタジオの音響設計・施工

最近は、
DAWの進歩で小空間での音楽制作が可能になり、
小型スピ−カーでのモニターが多くなっています。 
また、サラウンド対応のスタジオの需要が
多くなっています。
2チャンネルの場合、左右のスピーカーの調整で
よかったものが、 サラウンド対応のスタジオの場合、
5本のスピーカーの整合性が必要になります。



音響設計・施工
音響設計・施工
ホームシアター
オーディオルーム
会議室・多目的ホール
スタジオ設計
楽器教室・レッスン室




  ページ上へ ▲

本ウェブサイトのコンテンツ・写真の無断使用・複製は固くお断りいたします
Copyright (C) 2008 EOSS,All rights reserved.