ホームシアターにおいて、
良い音というものは、機器だけで補えるものではなく、
遮音はもとより、オーディオ機器の性能を引き出す
環境を整えることが重要になります。 
照明・電気設備・空調換気、ホームオートメーションを
含め トータルで、設計・施工を行い、
お客様の、映像と音楽を楽しむ空間をご提案します。


 
ホームシアター・
オーディオルームの設計・施工


良い音を再生するためには、様々な要素が必要です。

お客様の聴くジャンル、音の好みなどで
音響の設計が変わります。
吸音材を設置するだけでも、 音の心地よさは異なります。
どのようなご要望にも、お気軽にお問合せください。



音響設計・施工
ホームシアター
オーディオルーム
会議室・多目的ホール
スタジオ設計
楽器教室・レッスン室
Home Theater グランプリ2009
ベスト・インスタレーション・オブ・ザ・イヤー 受賞!


お掛け様にて、弊社EOSSが手がけましたホームシアターにて
2009年ベスト・オブ・ザ・イヤーを 受賞しました!

Home Theater 夏号Vol.46 にて紹介されましたT邸での受賞。
雑誌にて詳しく紹介されていますが、さらに、どんな課題があり
どのように望んだかを事例として、下記に紹介いたします。
ぜひ、楽しんでください。




【 ホームシアター事例 T邸 】 2009年 グランプリ受賞ホームシアター

■ 基本コンセプト
新築に伴うホームシアターの設計施工を工事の基本プランより打合せさせていただきました。
新築前の家にもホームシアターがありましたが、いくつかの問題点がありました。

・ 手をたたいただけで、ビーンビーンいうフラッター
・ 上階からの足音等の音漏れ
・ ホームシアター側から、ほかの部屋への音漏れ
・ インテリア等の仕上げの問題

以上の問題をクリアーするため、基本からプランを検討しました。

以前使用していた、ホームシアターで再生音を測定したところ平均で90デシベル程度でした。
そのため、部屋の中に部屋を作るボックスインボックスではなく、
躯体自体の性能を上げることで、対応できると考えました。




家全体は2×4でしたが、
ホームシター部分のみをコンクリートの躯体で作り、遮音性能を確保することにしました。
このことで防音にかける予算を、内装仕上げや照明などに振り分けることができます。


音の面を考え、天井高を稼ぐため、
階段でホームシアター側へ下りるように設計。 それにより天井高を確保出来ました。

躯体をコンクリートにすることにより、
きれいな反射音を得ることができます。
石膏ボードを利用すると、石膏ボードの響きが乗りますし、

コンクリートの場合、
外部と内部の温度差で結露が出来てしまうため、
それらを防ぐために、通常は発泡ウレタン等を
吹き付けて結露を防ぎます。

今回の計画では、
短辺の方向で、あまり寸法を取ることが出かなかったため、
なるべく薄い材料で、防湿をしたいと考えました。

いろいろ材料を探しましたが、ガイアという材料を探すことができました。
ペンキのようにコンクリートに塗布するだけで、防湿出来るすぐれものです。



部屋の残響は、スタジオ等で使用されているトラップで調整しましたので、通常の吸音材料に比べ
低音部分まで吸音することができます。 従来トラップは、グラスウールを使用して制作されていましたが、
今回は、より自然な響きを求めるため、サーモウールを使用しました。
サーモウールは自然のウールとポリエステルの混紡です。

その素晴らしさは、これまでにも、レコーデイングのスタジオ等で使用しておりましたので、
吸音だけではなく、調湿や消臭効果が期待できます。
実際、お引き渡し時にホームシアターは、ほとんど建材等の匂いを感じませんでした。



内装仕上げ
内装については、
いろいろな仕上げが考えられますが、
今回はホームシアター専用が前提でしたので、
かなりモダンな仕上げを考えました。

リビング等に併用する場合、ホームシアターを
リビングに溶け込ませるよう設計しますが、
今回はかなり自由に設計できました。

壁、天井共、クロスパネルを利用しました。
これは、スピーカーのサランネットのようなもので、音の調整に使う吸音材を隠すパネルです。
パネルとパネルの結合部分はアルミの目地を利用し、シャープな印象を与えるように設計しました。
アルミ材は貼り込みのスクリーン周りにも使用しスクリーンの縁のスチール部分を隠しています。
アルミを使用しデザイン的にはシャープですが、壁や天井のクロスパネルにファブリックを使用し、
全体に冷たくならないようにしました。
ファブリックは交換可能で、交換することにより、部屋のイメージを変えることができます。


電気工事
全体の照明にLEDを使用しています。
ここのところ価格が安くなり、以前より使いやすくなりました。
通常の照明器具に比べ多少高価ですが、ランニングコスト等を考えLEDを選択しました。
また今までの電灯にない独特の雰囲気があります。

全体の回路を4回路に分け色々なシーンを
演出できるよう考えました。
オーデイオ回路は、それぞれ別回路で
部屋に引き込んでいます。

当然、アナログ系統とデジタル系統は分けています。
ラックの後部にコンセントを設置しましたが。
壁より10センチ程セットバックさせ、
ラックとコンセントが接触しないようにしました。
ラックは壁ギリギリに設置可能となっています。


空調換気工事
空調は空調の効率と見た目のデザインを考え、天井に埋め込みました。
換気は換気系統より外部への音漏れを防ぐため、特殊な換気ダクトと消音器を使用
しました。換気扇を稼働させても換気扇の音はほとんど感知できません。


オーデイオ機器


スクリーンは、部屋のサイズからサウンドスクリーンの貼り込みとしました。
スピーカーは、工事着工中にトムテックのショールームにお施主さまに通って頂き、
最終的にPMCに決定しました。サウンドスクリーンを使用したため、
センタースピーカーの高さが問題なくなり、フロントのプピーカーは同じスピーカーを
3本使用することができました。そのため自然な定位を得ることができました。



【その他事例】














  ページ上へ ▲

本ウェブサイトのコンテンツ・写真の無断使用・複製は固くお断りいたします
Copyright (C) 2008 EOSS,All rights reserved.